直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円、家賃4万円で生活するひつじ人間。

Optiplex 780 SFF のメモリ増設



ブログパーツ

意外とあっさり認識しました。最初はエラーとかあったし、FireFoxがフリーズしたりとかまだ挙動が安定しませんね。
もう少し様子見です。
16/09/08 現在も非常に安定しています。 現状ではwin10です。


  もう少しカネ貯めればいいのに何か衝動的に買ってしまった.... 
 その分相場より安いの探したけどね。いい出物に出会えるかは運しだいだ。

 ヤフオク即決買いで安いのを探してみた。
 ・・・・・競ると決まって手に入らないので。




買ったもの



MTJTF25664AY-1G1D1 0928
2GB 2RX8 PC3-8500U-7-10-B0
Product of SINGAPORE CBNDTK006
.....これを ×4枚。4000円で送料無料。1枚当たり1000円なのだから安い。
但し中古品で無保証でした。ちゃんと「動作確認していますが」等と書いてあったから買ってみた。




別に交渉した訳でもないです。大した理由も無いのに値下げしろと言われたら、誰だってうんざりすると思う。


両面チップのメモリでした。
Micron memory




今付いてるのは片面チップのメモリだし、両面チップメモリはもちろん不安がありました。
そこで例によって飽くなき探索.......

両面チップメモリの稼動レポートは

失敗一つ Link
成功2つ Link

成功例を当てにして買うのが当然かと(ちなみに失敗例のamazonアフィが成功例のものだった)。
失敗例のほうは、メモリがそもそも不良品だったか、BIOSのアプデが未適用だったのではないか。まあ知らなきゃしょうがない。








 ・・・ちなみに4GBメモリ×2の方が相性問題が少ないと思われるかもしれませんが、海外のフォーラムページで"not worked...."と書かれてます(うろ覚え)。

抜粋  
  When I remove the original 2GB Ram and installed this 4GB ram on the first slot, the light # 1 & 3 start to led with sound like buzzing continuing without booting or windows interface.


.......つまりOptiplex780には止めとけってこと。多分他のoptiplexにも当てはまるかも知れないです。
 





詳細


CPU-Zで出力。
Memory SPD 

DIMM #1
     SMBus address 0x50
     Memory type DDR3
     Module format UDIMM
     Manufacturer (ID) Micron Technology (2C000000000000000000)   (これでメーカー名が判った MTじゃ検索で出ないもので)
     Size 2048 MBytes
 Max bandwidth PC3-8500F (533 MHz)
     Part number 16JTF25664AY-1G1D1
     Serial number DC52B0EC
     Manufacturing date Week 28/Year 09
     Number of banks 8   チップ数。両面実装メモリなので。
     Nominal Voltage 1.50 Volts
     EPP no
     XMP no
     AMP no

 




体感


 起動は少し早くなった。最初だけFirefoxとか、アプリの起動にもたつくようになったような気がする。
 暫くすれば気にならなくなるかもだし様子見。
 ゲームの起動は普通だったので、一部のアプリだけかもしれない。
 キャプつれ など、管理者権限使うアプリは初回起動がかなり遅い気がする。なぜだ。


メルカリで10600Uメモリがあったけど、もうちょっと安くならないかと探してみた。
8500でも体感は変わらないらしかったので。実際はそうでもないらしい。
調べてみると、マザーやチップセットで変わってくることがあるとのこと。


もう少しカネ出してでも10600Uにすべきだったかも知れない。後の祭りだ。
・・・動作は安定しているようだし、やはりとりあえず様子見。



増設
起動時、 エラーは普通に出た。
  bios memory changed



 Bios設定を眺めたが、それらしいものは何処にも見当たらない。
 そのままwin起動させてみたら、、、、落ちて再起動。


 早くも記憶が風化しつつあるのに、一部写真を撮るのを忘れてしまいました。

 とりあえず思い出す。

 .....再起動後、F12の選択画面(とは違うもの)が出て、
  「最近違う機器が接続されたためにエラー うんぬん」と表示されて
startup repair


 


 windows スタートアップ診断ツールによる修復を試みた。この時点で電源でも落とせばやり直せたかもしれない。
 まあいいか。
 ちなみに「システムの復元を使用して修復しますか?」にキャンセルを押したことは覚えている(またインストしなおすの面倒だったし)。




 ・・・しかし修復には失敗したようだ。
repair failure



そこで終了して、もう一度Windows7起動。
こんどはあっさりデスクトップ画面が表示される。........スタートアップ修復は意味が無いのでは。


ちゃんと認識されている。前もってBios上でも認識は確認出来ていた。
Bios 認識



いつもどおりFireFoxを起動させる。
.....何故か途中で固まってしまった。
(後日、グラフィックドライバの不具合であることが判明したが騙し騙し使っている)

エラーを疑って、度々目にする Memtest86+ を試してみることに。


ちなみにUSB boot版で。

テスト開始時
Memrest after 6hour





6時間近く経過後

Memtest +86 780sff


 

・・・・こんなに長くやるつもりではなくて、昼休みに試してみたら時間が足りなくなって、結局放置してしまったという理由。
今日は蒸し暑かったため、少なからず発火とか心配してしまった。



まあ今のところは安定している。
こうしてblogの編集などしているし。

2回目以降のFirefoxの起動は早かった。
boot時だけなのかも知れない。windows7の仕様に関係ありそう。



2015/11/16現在、とても快適に使えている。たまにNvidiaグラフィックドライバのせい(らしい)でフリーズするけど、(多分)メモリは関係ない筈だ。
関連記事
スポンサーサイト

 NAVERまとめ付帯記事

 pc メモリ増設

1 Comments

Sheepman  

後日談:Windows10に換えて久しいけど未だに快適

とりあえず増設などの必要も感じないし、ホントに後10年使えちゃうなーなんて。
Win10のアプデでシステム要件を満たすスペックが段々増えていってて微妙なんだけど。

そのせいでinsiderのfast ringは辞めちゃったし、ここのところアップデート自体してない。
期限があるせいで永遠に使える訳じゃないんだけど。
 例えばbuild 16199の期限は今年の12月まで。

 updateは良いんだけどなんで重くしちゃうのかなー。低スペックPCは今後厳しくなる一方だろなと。

2017/07/28 (Fri) 05:03 | REPLY |   

Leave a comment