直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円、家賃4万円で生活するひつじ人間。

正直なところ定義的に自分がADHDなのか広汎性なのか分からなくなってきた



こちらとしては、支援ナシで実質的に放り出されてるような状態なので、薬で集中力や夜の睡眠を得られるADHDに活路を得ようとしているのかも知れない。アスペの診断基準からもADHDの診断基準からも漏れた人々・・・それが広汎性だと思ってきた。正直なところ薬で改善される点があるなら頼りたいという気持ちは今でも変わらない。



 
 原因としては、選んで読んだ書籍とか見せられた本が無駄に長ったらしくて難解だった事。オレ的に。はっきり言って定義に混乱を来たしていて、ソースが視覚的ではなく各カテゴリの比較が付かない状態となっていた。 しかも、基本的に医者を信用してなかった。コレが一番大きい。よく考えたら、基本的に誰も信用してないんじゃないかと思う。大体バカげたモノを勧められてると感じる。

 今から思えば、発達障害について未整備だった頃から色々問題起こしてるせいで信用してないんだろーなという。


 クリック協力お願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村



 広汎性という字面も何だか捉えどころがなくて嫌だったし、実際の支援なんてお粗末もいいところだ(少なくとも埼玉界隈ではそんな感じだと思う)。よって受け入れていなかった。
 例えば、コーチみたいなのが職場について色々指導するみたいなサービスがあるんだが
そんなにくっつかれたってあんまり役に立つとも思えないというか


むしろ、基本的に記憶出来ないので、仕事の問題点を逐一記録したヤツを観て貰って重大な問題については一緒に検討してもらう的なのがありがたい。それこそSNS的な距離感で構わないのだ。


 しかし、もうそのような事を言っている場合でもないなと・・・・しかし、掃除のときに集中力を切らさないようなクスリとか貰えるんだろうか。
 検索したら 怖い知恵袋の質問があった 。


・・・・blog村のカテゴリ変更しとこうかな。





オレの症状を大雑把に書いてみる


広汎性発達障害(PDD)とは?年齢別に症状の特徴を解説! より


ひつじ好き 微妙。

■孤立型
・人に関心がなく、関わるのを避ける
・呼んでも反応しない
・視線を合わせようとしない

 ー幼児期はもろにこれだった。

 ■受動型
・言われたことに何でも従う
・嫌なことも受け入れてパニックを起こして固まってしまう
・固まってしまう
 中学時代とか高校はこんな感じだった


■積極・奇異型
・一方的に話し続ける
・同じことを何度も言う
 22~25までこんなところがあった



■尊大型
・人を見下したような言い方をする
・横柄な態度を取る
今はこの時期。
 興味深いことに、オレの人生の時期別に「型」が切り替わっているような。


・パターン化していない自由時間などが苦手
  
例えば、朝いきなり早く起きたりすると何したらいいかわからなくなったりする


・・・後は
 常に眠そうにしている
 女性を見てはめぇめぇ言ってる。
 掃除するときギクシャクしてやたら疲れる。あんまり進まない。
 注意力散漫
 3つぐらいしか覚えていられない(Jail House Rock的な)


 ここでまた上記リンクから引用してみる
 
 広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorders:略称PDD)は、コミュニケーションと社会性に障害があり、限定的・反復的および常同的な行動があることを特徴として分類される発達障害のグループ です。このグループには自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット障害、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害という5つの障害が含まれています。

 
そう、これなのだ。特定不能。これについて何だか嫌な気持ちになった。上手く症状や困難を説明できなかったうえに、あんま心象よくなかったから放り出されたんだろうか的な。
 でで
でも意外と、「広汎性」でもカテゴライズはあるような感じ? 


 今後、「広汎性」と「ADHD」の双方でblogの観察・比較などをしてみたい。

関連記事
スポンサーサイト

 Category: None

 ADHD 発達障害 広汎性(PDD)

0 Comments

Leave a comment