直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円、家賃4万円で生活するひつじ人間。

人間が日常的に体感する情報量

 ブログパーツ
 人間は日常的に、大量の情報を受動的ないし能動的に受け取っている。
受動的なモノでは、
 視覚 ー 明るいか暗いか、人の表情、道の景色、樹木、色あい、コントラスト、奥行きなどなど。
 触覚 ー 衣服のこすれ具合、肌のかゆみ(今感じているところ)、モノの手触りなどなど。
 嗅覚 - 料理のにおい、香水の香り、動物の体臭(ひつじや犬猫)、雨上がりのにおいなどなど  ちなみにここ2~3年は鈍ってきている。





 ・・・五感系はこの辺にしておくが。
 更には、体性感覚や生理現象、体調不良による頭痛とか、とにかく大量で列挙するのがめんどいぐらいなのだ(←手抜き)。





 人はこれら膨大な情報をいちいち記したりはしない。日常の何でもない出来事として見過ごすだろう。だが、そこにこそヒントが隠されている、そんな気がするのだ。



 日々の買い物のトレース、その中の無数の無意識的な選択行為を書き記してみたり・・・・発達障害でなくても、その奥深さは分かると思う。学習のときの躓きつまずきのパターンから、傾向を分析したり、別のアプローチを試したり。



 自分はかなりの事を覚えていない。忘れる。正直なところ、面倒なプロセスがなくても中長期的に記憶しておける人々は羨ましいし、実際にかなり有利だろう、人生でも。だからこその着想だと言えるが。

 

 凡人を凡人足らしめている無数の選択行為。
 優秀な人間が、軽々とこなす仕事量。



 これらは、phaとかいうニートによると「順列組み合わせ」であるという。様々な要素が上手く並んだ結果、人生に恵まれている という意味合いだ。特に両者を比較して言ってる訳ではないんだけど。



より詳しい内容はこちらで。
 
 
  


 「順列組み合わせ」という要素の並び方が改善されれば人生をよりよく生きられるし、ちょっと裕福な人並みの楽しみ方ぐらいできる日も来るかも。



 それには、ひたすらPDCAサイクルを自分なりに回していくしかない。
そう、この学歴コンプレックスなとっちゃんぼーや の言う通りだ。


 
 こういう作業に習熟していけば、とりあえずサイクルの速度は挙げられると思うし。
来年のこの時期はどう動くか、どうなっているか。そういうとこまで検討を進められたらいいと思っている。


 



クリック協力お願いします。とても励みになります。
どちらか一方で構いません
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

 発達障害

0 Comments

Leave a comment