直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円、家賃4万円で生活するひつじ人間。

向こうの意見を放っておいたらどんどん酷くなる

 

 この匿名のwebネットワークにおいて、個人の責任、一アカウント毎の責任というのは有耶無耶になりがちである。忘れられる権利なんて言われてはいるが、オレは容易に忘れられるものと思う。

 何をこんなに恐れているのか?
 ・・・確かにそんなに恐れる必要はないのかも知れない。オレはただ知りたいだけで、自分の評判など今はどうでもいいと思っている。

 
 あなたは”炎上”というのをどう見る?
 オレは多数派の意見の厄介な、制御不能の暴走とみる。それこそ、ドイツのユダヤ虐殺に繋がったようなね。とにかく、何か言っておかないと、そういう既成事実を作っておかないと・・・と考えてしまうのだ。
 アレが本当のところどんなもんか、学校時代から肌身に感じてるから・・・・。
 実際、ファシズムじゃないのそれって。違う意見とか殆どない状態。多数で少数を圧殺する。なんの斟酌もなく、無邪気に。


 村八分にされるなんて簡単なもんだ。


 だが、やっぱり致命的な取り違えがあるのかなとも思う。
 放ってくか、見ないようにする。実際にそうしてきた。そのつもりだ。

 だが、何故だか頻繁にそういう事が続くような気がする。シンクロニシティとでも呼ぶべきなのか?たまにあることだ。何かが伝染するように拡がっていく。


 今までやってきた事を「無駄」とひとたび判断すると、自分は容赦ってもんがない。
 そういう性向が自閉症スペクトラムだか、ADHDだかにあるらしい。
 白黒はっきりさせたくなる。


 そして、自分と似たような人が身近にいると、自分の行く末をなんとなく感じ取ってしまうものだ。危機感に駆り立てられた。そんなところ。


 自分と似たようなーーーつまり、殆ど孤独だったり、人と上手く接したり溶け込めなかったり、何の技能もなく今頃打ち込みだしたり、とにかく不器用だったり。まーそれも現実だよね。
 「類は友を呼ぶ」っていう特に何の教訓も得られないような諺が思い浮かぶ。
 オレの「類」なんて碌でもない奴らばっかりだ。



 実際、自分への好意なんて僅かにしか感じ取れない。人なんて調子のいいもので、ちょっと見栄えのするものを出すとひょいひょい寄ってくるんだろう。それも意地の悪い見方だな・・・自分が一番そうではないか。

 とにかく何か割り切れないものが残る。


 ・・・もうちょっとだんまりを決め込んで観ているつもりだ。一か月ほど。

関連記事
スポンサーサイト

 Category: None

0 Comments

Leave a comment