直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円、家賃4万円で生活するひつじ人間。

記憶と、聴覚や触覚に頼ったアプローチ

ブログパーツ 

 自分は仕事中、極端に意識レベルが低下してしまうことがある。以前は何とか保っていたようなのだが、それをどのように行っていたのか忘れてしまった。殆ど意識せずにやってたので。

 ただ、コツコツと指で叩くクセが以前あって、そのときは集中力を保てていたようだ。


 前の記事 でも書いたのだが、「ファブル」のように触覚に頼ったアプローチ・・・・。
 CtCn5UJUIAAMRKE.jpg


クリックで再生


 こんな感じの。映画だと「Cube」。
 盲人も主に触覚や嗅覚に頼って記憶する。

 
 音楽に限らず、一定のリズムを伴った刺激は理性を鎮め、記憶や集中力を鮮明にさせる。30分ぐらい前に指示された事も、何も頼らずに思い出せた。
 自分の場合、眠たくなってきたり、ぼーっとする感覚をもっと鋭くさせる効果があるようだ。叩いている間だけ、Forcusの状態になる。更に、何か指示を受けて、皮膚などを叩いたときの感覚記憶は、短期的に意味を持つ。
 モールス信号みたいな、一見して無意味な音の連なりも同様だろう。視覚以外に頼ったアプローチだ。



 薬などは、あっても単なる補助手段だろう。耐性が出来れば効かなくなってくるし、沸いてくる気力だの意欲だのも、本来は身体が自然に作り出すエネルギーだ。






関連記事
スポンサーサイト

 Category: None

0 Comments

Leave a comment