直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円、家賃4万円で生活するひつじ人間。

気になったツイートと記事(9/26) 志布志うなぎ騒動

♪BGM おてんば恋娘の冒険


 

 率直に言って今はこんなレベルでいい。
 インスペクタで出たのを、全部辞書的に調べといた方がいいのかな。生産性との兼ね合いを考えないと・・・・。



    やっぱり多少は気に入らないコメントも多めに見ろってことなんですかね。







 ダメっていう事そのものが不毛じゃない? などと思う。
 
 もとになった騒動の概要。
 http://www.narinari.com/Nd/20160939911.html

 事件を解説した動画 https://youtu.be/BF1lm4V2Gn0

 作った側は、割と農作物に対するような素朴な熱意を以て制作していたりするのだが、「見る側」との意識の乖離に深い溝を感じるなと。



 
 オレが共感するのは、こういう冷静で常識的なツイートだったりする。
 面白味に欠けるとみる向きも多いだろうが。



【読書術】「ACTION READING」を読んで本の使い方が劇的に変化した


 >わからない部分があっても読み返さないという意識を持つ  。
 「なぜこの本を手に取ったのか」を意識すると、頭に入りやすい
  読んだ本の内容をできるだけ人に話す
  ブログで読んだ本のレビュー記事を書く
  

 自分の場合:2~3度素早く読み返す。手漉きの和紙みたいに、自分に関わりのある事柄が頭に残る。極端な話、それ以外は余計な修飾のようなものだと思う。

 


 紹介元のツイート(フォローはあの一件で外された)。
 本の読み方について考える切っ掛けになるだろうかと考える。児童文学とか、ジャンルによっても違うだろうし。



 こういうのは旅行行くなんてときに参考になるかなー。
 旅行費用とか工面出来ないけど。


   オレも子ども時代は「大人しい子」だと言われていた。それどころか全く喋らず、話さずの寡黙な生活を送っていた。苛立ちや辛さみたいなのは無数にあったが。

 
>「なんだ、あなた全然普通じゃない」「たいしたことないじゃない」とかそういう評価
 相手がそこらのおばちゃんだったりすると、そういう返事が来る。 → つまり全く当てにはならない。 こういう事言われないように、日ごろからきちんと「自分」というものを分かりやすく書き記しておくと自己防衛になるのかもしれない。




 
才能を認めて伸ばすのもいいけど。あまり功利的な面に囚われず、ありのままを認めればよいのではないだろうか。  文章で軽々と描写するのは、却って誤解を招いてしまうこともあるし、本人が望む理解とはかけ離れていることもある。
 
 

 友情の投資対効果(ROI)

 この人の記事で一番印象的かもしれない。もう読まないと思うが。

/////////////////////

>客観説の本質的な弱点は、「特定の行動を取るのはこのような心理状態によるものだ」という経験則に基づかざるをえないところである。 

「俺とあいつとの間には友情がある」と思ったら「友情」はあるのである。

 



 まあそうだよね。そのウェイトが、自分の成長や価値観の変遷に伴ってかわってくるんだけど。

高校時代の友人と疎遠になるなんてふつうだろ。 ま、ちょっとは悲しいけどさ。



 >新たな機会の創出 である。そしてこれはほんとに多様である。

 確かに。オレもダメ知人を、外出や小旅行の切っ掛けとしてとらえている。あいつは人のことなど(たとえば金銭事情とか!)殆ど考えてないが。



 あとは要約すると、「利害とか関係なく、気に入ったらそいつに尽くしてやれ」みたいな。

 居場所とか言われてもピンとこねーよなぁ。言うほど面倒見がよい訳じゃねーし。


 オレも相手の感情に応えないところがあるから、ちょっと限界を感じるんだよな。



 こういうアッサリした言い捨てみたいなのは好み。ちょっとした諦観。
 それでも何とか生きていく。そんな庶民感情。



 こういうちょっとした機微が母親にもあるのだなと。



  こういうちょっとした生活の中で体感した知恵を書き留めておかないと、調子が悪くなった時に忘れてしまうのかもしれない。


 この人、「なんで自分と同じ生き方しないんだろう」みたいな事をよく言う。
 向こう側が見えていない。
 オレもそんなときはもちろんある。


 
 今日はここまでにしとこう。


 そのころの自分のツイート

 




 特に調べもせずにテキトーに書いた。



 

 


 ”萌え絵なので”




突然疲れてきてだるくなってきた時の状態を表現している。



 
 「ミナ帝」を先読みする。

  実際は40分遅れ。
 

 

関連記事
スポンサーサイト

 Category: None

0 Comments

Leave a comment