直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円、家賃4万円で生活するひつじ人間。

長期計画「区画化クリーニング」

カウンタ
ブログパーツ 


特に期限は定めないで進めている「先の10年」計画の一つ※1

 ※1 他にFXとか趣味の手習いとか。

 期限がないのは守れないし守る必要もないからである。そんな事が出来たらもっと社会的にマシな立ち位置に居るかもしれない。そしてよりこき使われてるだけかもしれない。今さらよりマシな人生など期待してない。
 今の位置が一番楽だ。これ以上働きたくない。 無理に専門学校行ったりしてたのは何だったのか。


 だからってダッメーのごとき刹那的なパコりたいだけのアホ人生を送るのもな・・・・あれぐらいアホになれたら楽なのかも知れんが美しくない。ヤツは奨学金の返済に苦しんでいる※2。そのまま苦しんで最後には楽になってほしい※3



    ※2 その割には無駄遣いが多く、家賃が9万の部屋に住んでいるそうだ。曰く「部屋が狭いと嫌だ。壁が薄いと寝れない」そうである。
  ※3 昇天して。



 そんな自分に必要なのは、建設的かつ継続的で、自分の習慣の範囲で無理なくやれる積み立てである。こういう事の積み重ねが快適な暮らしを作る。 精神論でも根性論でもなく、文字通り1日一つの石ころで城を作るがごとき、蝸牛が進むような緩慢さで進行している計画だ※4

 ※4 身体や感情を無視した無理な根性論は親爺の世代だけで充分である。本当の貧困からであればアリなんだろうが。


 時間がいくらでもあるとは言わないが、だからって面倒だしあまり頑張りたくない怠け者な人間が立てる計画である。・・・この場合、1日に一つの石ころではなく、週に1度の通しのブロック掃除である。 


 段々と居住性が悪くなったり、モノを失くしたりといった問題、年食って掃除する体力がなくなる(というか体質的に元々体力がない。班目獏みたいなものだ)などの懸念により立案した。半年ぐらい前から少しづつ進めている。



   <全体図>
   
     1 2 3 4
  A  ■■■■
  B  ■■■■
  C  ■■□□
ーーーーーーーーーーー
  D  ■■■■
  E  ■■■□
  F  □□□□
ーーーーーーーーーーー
  H  ■■■■
  I ■□□□
  J □□□□
    K  □□□□

 これをかなり長期にわたって続ける計画だ。いつ終わるのか分からないが後退だけはしない※4。また振り出しに戻るとかなりキツいものがある。いろいろと。
 
※4 多分あと1年以内には8割がた終わってるだろうという見通し。


 1度このようにリフレッシュした区画は、再度掃除するときの労力が少なくて済む。



 次に着手する予定の区画とその周囲
DSCN5442.jpg DSCN5443.jpg   DSCN5444.jpg
     

     C-3周囲


     E-1周囲 
                 I-1 周辺

   
  
 ・・・・・ここまでは割合秩序が保たれてる方だ。四角形の区画で区切っているが、実際はその区域全てを一気にやることもあれば、数日分使って少しづつ進める区画もある。基本的に混沌としてる区画ほど時間も掛かっている。


  
 この様にして定期的に進めていると、掃除も大分楽だ。
 ゴチャゴチャなままの「振り出し」から始めるよりも、「続き」から出来ているという実感がある。黒塗りした区画の掃除に掛かる労力は存外大したことがない。


 日本では親の指図されるまま奴隷のように掃除せざる負えない経験を持つ男子が多い(筈だ)。
そんな言われるがままの奴隷のような観念から抜け出し、独立して自分なりの生活を構築すべく計画を作ってみると良い。



 肝心なのは無理のある理想ありきの計画ではなく、自分をよく識り、どれぐらいやったらへばって動けなくなるのかを把握しておくことに尽きる。10年先とは言わないが、3か月先ぐらいは見越しておこう。 生きるのが楽になるというか、建設的な思考が身につくだろう。普段の買い物も違ってくるはずである※5
 

 ※5 別に享楽的になっても構わない。禁欲的な生活をするというより、より長く深く楽しみたい為にやっている。アホなダッメーにはこんな視点はない。


 
関連記事
スポンサーサイト

 Category: None

0 Comments

Leave a comment