アクセスランキング 3.24 経緯と見てきたこと - スポンサー広告Twitter

直列つなぎ。 -とある発達障害者の記録

知識と知識を繋ぐためのblog。 広汎性発達と診断されました。ぜんぜん役に立ってないけど。月収13万円(うち手取り11万)、家賃4万円で生活するひつじ人間。モウマンタイ。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

   

3.24 経緯と見てきたこと

ブログパーツ

また内面描写だ。無意味な。

今度は「虚無男子」とか「無意味男子」とか流行るに違いない。

いい加減にしてくれ。

過去をやり直したくないから、多分、前向きな努力をするのだと思うし、他人との関係を絶とうとするのだと思う。

ダッメーとつるむと一向に前に進まない気がするし、こちらの意欲が大幅にそがれるのだ。

ブスと付き合ってんだろってあのアホがほざいてたことがあって、今までつるんでたのが信じられないほどだ。

お陰でとても惨めな気分に曝された。もう二度と合わない決意を固める。


Twitterで流行るものは、「発達障害はこうだ」「ストラテラ擬人化」とかで、こういう価値観が共有されるのか〜などとEvernoteにログを取ったりしていた。

自分が気に入らないと、リツイートで反論として関連するものを探して回してくるといった手法がまかり通っており、俺とは価値観が合わない

異物排除の圧力が発達界隈であってもふつうに存在する。人間関係が面倒だからと、あまりフォロバやリプ返しをしないユーザーも少なくない←これは理解できることだけど


女性関連は「夫の事をどう見てるか」というのが面白くて見てた事があった

動物的で、自己愛が強い夫という生き物に自分もなる訳かと

何というか....惨めな気分になる

これが現実らしかった。


他にもいろいろ見た。
男性を扱き下ろすようなツイート(かなり不快だった)も多く、

その一方で、あまりに女性の立場が不利で不当な仕打ちを受けている現実も数多くあった。

昭和以前の男性は未だに性差別的な発言を正当化する者も珍しくな(自分も差別はする)、ちょっと理解・共感が不能な物も少なくなかった

結局のところTwitterでは、俺みたいな取り柄もなく性格が悪い人間には居場所がない事が分かり、リソースの節約と自身に制約を課すためにアカウントを閉じた。(論理的過ぎる人間には嫌悪感を感じるとのリツイートが回ってきた

あのアカウント名も、基本的に敵対を決意するものだったと思う


また自分は変遷していく。これはむしろ好ましい事だ。変わらなければ生きていけない。

対話の可能性ね....割に合わないことはしない主義だ。失敗まみれの人間は基本的に慎重ではないだろうか。

アインシュタインの人生がwikipediaに書いてあるが、彼はそんなに失敗していないし、根っからの物理学者だったようだ。ノーベル物理学賞の賞金は彼の妻へ離婚の慰謝料として譲ったという逸話がある。

 マスコミのキャッチフレーズみたいな名言録などからは何も学べない。そのセリフにはそのときの事情と経緯があるものなのだ。
だからみんなwikipediaよもーぜ。今は豊臣秀吉を読んでいる。意外と残虐な一面もあったようだ。


あの集団については今後、関わらない事にする。

関連記事
スポンサーサイト

 Twitter

     

-   1   Comments

あすぺるピロシ  

んー(;^ω^)

今回はコメントが多発しております。スイマセン。
暴言や狂言を簡単に浴びせてくるヒト程分かり易い生き物はありませんね。(あ、こちらが相手を理解しやすという事では無くて)。
そこが「だた喋りたい」「だだ注目されたい」「ただ聞いて欲しい」だけなのか等ありますけどね。
僕はこう迂闊に「何にも言ってこない」タイプの人間はめっちゃ怖いですね。明らかに実力を見透かされている感じがしますので(ノ∀`)

「ブス」って何なんでしょうかね?「無口でムスッとしている」って事じゃなかったんですかね?いつから醜い物の例えとして常用されるようになったのでしょうかね?ま、表層しか見えない人間の発言何てたかが知れていますよ。Sheephumanには見えて、罵詈雑言をかます連中にはそのブスと呼ばれる対象の中身の中にある魅力を具現化出来ないといった事でしょう(^o^)
まー、容姿なんてK国行けば幾らでも改変できますからwww

文句を言うのはチョー簡単です。短絡的で頭を使いませんから。一流の交渉術を持つ人間は相手の醜い嫌な点を認めて、妥協して褒める事すら出来ますから。どちらの人間にメリットが生じるのかは一目瞭然です。
でもこれってストレスになって中々出来ないんですよね~(;^ω^)

アインシュタインは「相対性理論」という名の天才。片っ端から文句を言う連中は周囲相手に「総対戦理論」とか手あたり次第に敵を作っていく一見強そうに見えて最弱かつ人生ロスカットな戦法ですよ。どんだけ戦いたいんだよ。叩きたいんだよ。対峙したいんだよ。みたいな(ノ∀`)

いつしか認めてもらえる人間に会えるでしょう。そうすれば自分も誰かを認める事に興味が湧く。その繰り返しで人は育っていくのでしょう・・・。多分(;^ω^)fin

2018/04/07 (Sat) 00:56 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。